カメラ(Foveon X3)のある 生活

シグマというレンズメーカーが販売しているデジタルカメラには、Foveonという謎の部品が含まれています。これがマニア心を揺り動かす魔法の部品なんです。

花は綺麗な方がいい。

そう思っていたけれど、

枯れてしまったりした花も、

それはそれで愛おしい。

と最近思うようになった。

 

上野公園にて

f:id:takasugi72:20180104110446j:plain

光の中に希望は見えるのか

昨日に引き続き大晦日に行った上野公園での一枚です。

枯れ始めているツバキの間から見える光は

パンドラの箱同様、災の中に見える希望のようでした。

 

上野公園にて

f:id:takasugi72:20180103120217j:plain

新年らしくないもの

帰省しているので、大晦日に上野公園へ。

寒いのにツバキは頑張って咲いていたようです。

でも突然の冷たい雨に散らされました。

 

上野公園にて

f:id:takasugi72:20180102202509j:plain

新春桜

明けましておめでとうございます。

ということで、新春らしく

冬に咲く十月桜です。

大晦日に撮りにっていますので、まだ咲いていると思います。

 

上野公園にて

f:id:takasugi72:20180101083116j:plain

昨日と同じく焼津の親水公園にて

撮影場所は昨日と同じく焼津の親水公園です。

ゆく年の寂しさを葉が枯れていく淋しさにかけてみました。

f:id:takasugi72:20171231174856j:plain

焼津の親水公園にて

年末年始に実家に帰る途中、焼津で正月用のマグロの買い出し。

そのときに立ち寄ったツナコープヤイヅの裏にある親水公園にて。

 

枯れて白くなっている草が、まるで白い林のように空に向かって伸びていました。

f:id:takasugi72:20171230204605j:plain

 

Foveonの実力

SD15がメインカメラになったのは、買ってから1年くらいだったときでした。

それまでも出来るだけ色々なものを撮って、それなりに慣れてきてはいたんですけど、失敗したくない写真では、ニコンのD7000が主力だったんです。

 

今でも「60点から80点くらいの写真でいいや」ってときは、ニコンなんですけどね。

 

シグマのSD15がメインになったのは、大阪でのシグマ体験イベントでした。

シグマのレンズを借りて、自分のカメラに装着して、近くを自由に撮影できるというもので、年に何度か開催されているんです。

 そこでシグマの50mm F1.4のartレンズを借りて撮影したとき、このSD15の実力を初めて知った思いでした。

「これが『質感まで伝わる』ということか」

家に帰ってパソコンで見た写真は、今までとは別モノ。

このカメラの可能性が大きく広がった瞬間でした。

そして「シグマやるじゃん」って思ったのも、このときからでした。


f:id:takasugi72:20170720135525j:image
f:id:takasugi72:20170720135537j:image

この日から今まで以上にSD15での撮影機会が増え、このカメラの可能性を広げたくなったのは言うまでもありません。

この経験がなければ、たぶん今でもSD15は使えないカメラで終わっていたかもしれません。