カメラ(Foveon X3)のある 生活

シグマというレンズメーカーが販売しているデジタルカメラには、Foveonという謎の部品が含まれています。これがマニア心を揺り動かす魔法の部品なんです。

月見桜

土曜日の仕事終わりから奈良に行き、夜が更けるまでうろついていたのはこの写真が目的でした。

月明かりでの桜のシルエット。

 

桜が満開のときに満月というのもなかなか無いですし、さらに晴れていて風がほとんど無いのも珍しいですからね。

300mmのレンズなんで、トリミングしてもこれくらいの大きさですけど、とりあえずはイメージ通り。

もしもっと望遠のレンズが買えたら、無限遠で撮れる位置の桜を探して、月の海と一緒っていうのも出来たでしょうけど、今はこれが限界です。

 

ちなみに桜がブレているように見えますけど、よく見ると光が透過しているだけですので。。。

f:id:takasugi72:20180402200000j:plain

なら・しか14

今日は組み写真です。

ちょっと組み写真とは違うかもしれないですけど、同じ位置で連続で撮ったもので、動きが感じてもらえるかなと思います。

 

結構、ゆったり動いている鹿ですけど、ジッとしていることはないので、多少時間をおきながら撮ってみました。

特に子鹿は好奇心が強いので、動きが面白いんですよね。

f:id:takasugi72:20180322205025j:plain

f:id:takasugi72:20180322205047j:plain

f:id:takasugi72:20180322205110j:plain

なら・しか13

かなり飽きてきたよー

ってことで、今日も変化球です。

 

以前に鹿の美脚を載せましたけど、今回はおしりです。

別にシャッターが間に合わなかったわけではなく、狙い通りのおしりです。

f:id:takasugi72:20180321195637j:plain

なら・しか12

鹿の写真ばかりで12回目となりますが、そろそろ飽きてきました。

発信するほうが飽きてきたということは、見ているほうも同じでしょう。

 

ということで、同じ鹿でもちょっと違う感じです。

これはいったい何をやっているのでしょう?

f:id:takasugi72:20180320210806j:plain

なら・しか10

奈良公園の鹿はかなり特殊だと思う。

人に慣れているし、住宅の中の路地にも平気で入ってくる。

車道ではクラクションにもメゲないので、交通事故の起こる率も高い。

 

そんな奈良公園の鹿を幻想的に撮る人も多くいるけれど、今回は自然の中にいる野生の鹿のイメージで撮っている。

そういう意味では葉っぱに顔が隠れているのが、ちょうどいい感じ。

f:id:takasugi72:20180318111718j:plain