カメラ(Foveon X3)のある 生活

シグマというレンズメーカーが販売しているデジタルカメラには、Foveonという謎の部品が含まれています。これがマニア心を揺り動かす魔法の部品なんです。

夕焼けと吊橋と自転車

何の変哲もない街撮りでは、夕暮れ、夜、早朝が基本的な撮影時間。 今回はその中の夕暮れにスポットを当ててみました。 夕暮れにはシルエットっということで、自転車をトッピング。 SD15は逆光を特にキレイに写してくれます。

シグマSAマウントに社外パーツなど期待してはいけない。 なので簡易的なエクステンションチューブを自作してみた。 接写の世界が広がったものの、すべてがマニュアル操作で、 とにかくシビア。 それでも朽ちていくバラをいつも以上に幻想的に納められたと思…

花は綺麗な方がいい。 そう思っていたけれど、 枯れてしまったりした花も、 それはそれで愛おしい。 と最近思うようになった。 上野公園にて

光の中に希望は見えるのか

昨日に引き続き大晦日に行った上野公園での一枚です。 枯れ始めているツバキの間から見える光は パンドラの箱同様、災の中に見える希望のようでした。 上野公園にて

新年らしくないもの

帰省しているので、大晦日に上野公園へ。 寒いのにツバキは頑張って咲いていたようです。 でも突然の冷たい雨に散らされました。 上野公園にて

新春桜

明けましておめでとうございます。 ということで、新春らしく 冬に咲く十月桜です。 大晦日に撮りにっていますので、まだ咲いていると思います。 上野公園にて

昨日と同じく焼津の親水公園にて

撮影場所は昨日と同じく焼津の親水公園です。 ゆく年の寂しさを葉が枯れていく淋しさにかけてみました。

焼津の親水公園にて

年末年始に実家に帰る途中、焼津で正月用のマグロの買い出し。 そのときに立ち寄ったツナコープヤイヅの裏にある親水公園にて。 枯れて白くなっている草が、まるで白い林のように空に向かって伸びていました。

Foveonの実力

SD15がメインカメラになったのは、買ってから1年くらいだったときでした。 それまでも出来るだけ色々なものを撮って、それなりに慣れてきてはいたんですけど、失敗したくない写真では、ニコンのD7000が主力だったんです。 今でも「60点から80点くらいの写真…

このカメラ(SD15)が写し出す色

なんだかよく分からないカメラ。 それがシグマのカメラ。 ネットで調べてみると、マニアック過ぎる 「変態カメラ」 という言葉もありました。 確かにその通りの「変態カメラ」です。 初心者は元より、普通の人も手を出してはいけません。 でも買ってしまって…

まともに撮れないカメラSD15

赤外線フィルターとローパスフィルターの無いカメラがあれば、キレイな赤外線写真が撮れる。 そんな甘い考えでいたんですけど、実際には思ったように写らない。 それなんで、まずは普通の写真を…ってことで、普通のものを撮ってみたんです。 そしたらこれも…

SD15のある生活

「なんでまたシグマのカメラなんて…」 そんな声が聞こえてきますが、出会いはまさに偶然でした。 ネットでたまたま見つけた赤外線写真。 木の葉が白く写り、幻想的なモノクロのような写真がそこにはありました。 どうやったら撮れるのか。 調べていくうちに…